輔、周なれば則ち国必ず強く、輔、隙あれば則ち国必ず弱し

作者:澳门美高梅 发布时间:2019-02-17 12:17

それは現場の指揮官程度の話だ,」 百回戦って、百回とも勝利するというのは、普通に考えれば良さそうな話だが、孫子はそれを否定し、戦わずに勝つことを善の中の善だと説いた, 幹部や管理職がそんな感じだと、トップからの信頼関係も薄れてきて、とても任せてはおけないとなって、現場への介入が始まる,マーケットニーズも把握せず、競合商品も研究せずにビジネスをすることはできない,特に小さな会社が経営スピードで勝負しようと思えば、ここのサイクルを速くすることは必須である,うるおいを提供するという機能に着目したわけだ,経営者マインドを持ち、経営者の意図を汲み取って仕事を進められる幹部がどれだけいるか、育てられるか、ここがポイントであり、ここが難しい・・・,マッチング作業が週単位、月単位、四半期単位で行われていては、常に変化するマーケットニーズに対応することなどできないからだ。

必ず敵味方すべてを保全する形で天下に覇を競うことを考える,敵の大隊を無傷で降伏させるのが上策であり、大隊を打ち負かすのは次善の策である,そのためにもまずは冷静かつ客観的に事実を「見える化」し、シビアな判断をするべきだ,まさに今「モチベーション3.0」が求められているのだが、それも2500年前の孫子の兵法から読み取れるとするとなんともおもしろい, 口出しするのが悪いわけではない,伝送スピードが速くても、伝送される情報の鮮度が悪ければ意味がない。

たとえば、花という物理的商材を扱っていても、この花によって顧客の暮らしにうるおいを与えている「うるおい提供業」だと考えてみる。

今もその時と同じことをやればいいのでしょうか」と真顔で聞かれたりしたら、「ごめん、ちょっと違うかもしれんな」と謝ることになるのでは,幹部が育たなければ組織的な動きを広げていくことができない,相手(敵軍)の実情を把握せずに自己(自軍)の実情だけを知っているという状況であれば、勝ったり負けたりが五分五分である,ダメージがある,暮らしにうるおいを与えるものを考えれば、絵画を売ってもいいだろう,一見強固な提携関係に見えても、時代は大きく変わり、企業の競争環境も刻々と変化している,

上一篇:金砖国家同非洲国家领导人对话会

下一篇: 呵光猛の绅经笆嘲の绅经は∴6の输赖がかかり裁换される∈400なら0.66% 3客が400なら1.9999%で染尸镍刨∷